猫好きの気ままな主婦のひとり言


by roomview
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

島根に帰省 Part 2

松江城は焼けることなく残っている貴重なお城だけれども、

なにせ小さいからあんまり有名ではない。

ただ、松江の中心にあり、常に自転車で移動していた学生時代の私には、

自分の位置がわかる目印となっていて、道に迷うことはほとんどなかった。

けれどもあれから随分時がたち、背の高いビルが建てられ、

近くまで行かないとその姿を見ることができなくなっていたのが少し悲しかった。

主人は「姫路城ととかと随分違うな~。階が上に行くほど手抜きしてある。

築城途中で、どーでもよくなったんじゃないの?」とか言ってる始末。

比べる対象が違うでしょと突っ込みを入れつつ、天守閣の一番上に。

山陰地方特有の冬の鉛色の空の下、松江市内、宍道湖がとても寒そうに見えました。



あまりの寒さに他の所に寄る気力もなく、またおこた舟に乗って、

来た時と反対側のお堀をめぐって、またもとの船着場へ。

そして、タクシーで15分ほどの距離の、玉造温泉に直行しました。

その夜は私の両親、弟2人(未だ独身!?)、そして私達一家4人、計8人で

旅館に一泊しました。

お風呂もよかったし、足つぼマッサージも程よく痛くて、私には丁度よいし(おまけに安い!)、

夕食のおいしかったこと。

やっぱり生まれ育った地元の味は格別です。特にあわびのステーキおいしかったです。

昨今、パワースポットとかやらで、出雲はとても注目されているらしいと地元の人が。

確かに、旅館のサービスも観光客を呼ぼうと格段によくなっていると感じました。

癒されたいなら「出雲に来なっしゃい」ですね。


大晦日の朝、昨日からの雪が積もって、子ども達はハイテンション。

c0223259_20251590.jpg


旅館の庭園は雪景色。


実家に帰ってからは、男たちは酒盛りを始めて、子ども達はゲーム三昧。

私も母と、どーでもいい話をあーだこーだとしながら台所でおせちの準備。

と言っても、ほとんどを母が作り終えていたので、私はお皿を用意したり、盛り付けたり。

そして父はみんなのためにおそばを打ち始めました。

うちは2年前、父が医者に薦められ引退するまで、お蕎麦屋を営んでいたのです。

そう、私は蕎麦屋の娘なのです。

冬に帰省できなかった理由はこれで、子供が小さいうちは足手まといになるから、

忙しい年末は帰省を遠慮してました。

弟たちは、毎年手伝っていたのですが、かわいい孫のために、

忙しいお店の仕事をしながら気を使い続ける母に申し訳ないと思って、

比較的忙しくない、夏に帰省していたのです。

お店を人に譲ってしまった後も、こうして父の打ったおそばを食べられるなんてうれしい限りです。

近所の人からもリクエストがあれば、時々打っておこづかいを稼いでるらしいと、

同居してる弟が言ってました。ありがたいことです。


この日も雪が降り続き、元旦の朝はさらに雪が積もってました。

c0223259_20475623.jpg


二日酔いの男たちがなかなか起きてこないので、しょうがないなと、うん10年ぶりに雪かき。

腰痛ーっ、いけど自分のかいた芸術的な?小路に満足。

子ども達は雪遊びを堪能し、私も主人と氏神様に初詣。

父の大好きなマラソン、箱根駅伝などを見ながら、家族でゆっくりと正月を過ごすことができました。


明日は仕事始め。日常生活に戻るのがなんだか悲しい。。。

ステッチを息抜きに、またこの一年がんばりたいと思います。

今年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by roomview | 2011-01-04 21:20 | 映画/ドラマ

島根に帰省

あけましておめでとうございます040.gif

c0223259_11174428.jpg


今年もいろいろあると思いますが、マイペースに過ごしていきたいと思います。

ブログの更新もきっと滞りがちになると思いますが、ご容赦ください。


さて、タイトルにもありますが、今年約10年ぶりに家族で年末年始を私の実家である

島根で過ごすことにしました。

諸事情あり、夏にしか帰省していなかったのですが、久しぶりの冬の島根です。



30日の朝一番の飛行機で羽田から出雲へ。

出雲の空の気流が不安定で、飛行途中、伊丹空港に戻るかもしれないというアナウンスが。。。

この帰省ラッシュの中、大阪からJRで帰るなんてとんでもない!

とひたすら出雲まで着陸を祈りつつ、飛行機は出雲付近にさしかかりました。

が、ゆれるゆれる。。。そしてあと200メートルというところでグイーーンと急上昇。。。。

マジですか???ここまできて戻るわけ??と悔しい思いをしていたら、

再度アナウンス。旋回して雨雲が去ったら再度着陸をチャレンジするとのこと。。。

そしてこの旋回の45分間が最悪でした。。。。

なんと付近で轟いていた雷が、飛行機に落ちたのですよ!

バンという破裂音とともに閃光が。。。

私はそのとき死を覚悟しました。それからそのときに思ったのが、

私の命を引き換えに子供達だけは助けてくださいということ。

今になってみれば、「ふふっ、私も一応母親なのね。」ということでしょうか。

客室乗務員がにこやかに、「先ほどの音は雷でございます。飛行には何の問題もありません。」

とアナウンスしてましたが、そのかなーり無理のある笑顔が私には怖かったです。

そのあと、子供達が続けざまに嘔吐して、げろまみれになりながら、

無事、出雲に到着したのでした。。。。(涙)




その日は夕方に玉造温泉に集合ということになっていたので、

時間をつぶすために松江市内へ。

駅のちかくでおそばを食べてから、松江城に行こうということになったのですが、

車酔いの長男がもう乗り物には乗りたくない!と言うもんだから、

しょうがない歩いていくかと徒歩で行くことに。

私は学生時代を松江で過ごしたので、松江の地理には詳しいのです。

どんどん北のほうへ歩いて、松江大橋を渡ってしばらく行くと、

(この間、長男はすれ違う人の数を数えていたらしい。

後で教えてくれたのですが、5人だそうです。

私にしてみれば、東京の人の数が多すぎるのです!!)

外堀にある、私がかつてアルバイトをしていた喫茶店を発見!

なつかしいなと思ってみてみると、近くに堀川遊覧船の発着所が。

こんなもん、昔はなかったぞ??とおじさんに聞いてみると、

年中無休でやっていて、あと10分で次の船が出るよと教えてくれました。

これに乗って松江城の大手門へ。

掘りごたつ、いや電気こたつが中にあり、寒い小雪まじりの冬でも

暖かく松江の町を眺めることができます。

民家の間のお堀を行きながら、橋をくぐるときは船の屋根が下に落ちてくるので、

みんながコタツの上に頭をのせて、かがんで(低くして)行くのですが、

子供達はなぜかこれが好きみたいで、橋が見えるたびにキャーキャー言ってました。

c0223259_12252592.jpg

大手門の船着場で降り、

c0223259_12253410.jpg

松江城へ。寒かったぁ。

つづく。。。。
[PR]
by roomview | 2011-01-04 12:35 | 出来事