猫好きの気ままな主婦のひとり言


by roomview
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スヌード

昨年暮れに通りかかった手芸屋さんの前で、

スヌードなるものを発見。

作品が展示してあって、キットも販売。

新しいマフラー欲しいなと思っていたので、

久しぶりの編み物でもいっちょやったろうかと、即購入。

メリヤス編みのチョーかんたんデザインをえらんで、

あみあみして、お正月はちょっとお休みして、またあみあみして。。。。

と出来上がったのがこれ。

c0223259_1633847.jpg


紳士ものだから大きめだけど、大柄な私には違和感ないし

あったかーいし、輪っかになってるからほどけてはずれることもなし。

満足)^o^(だべ。
[PR]
by roomview | 2012-01-31 16:34

Rose et Ruban

去年はほとんどクロスステッチ刺してません(涙)

唯一仕上げることができたのがこれ。


c0223259_1553144.jpg
Marie Claire idees、Point de Croix、Rose et Ruban
Fabric:Wichelt-Permin 32 count
Thread: DMC 2 over 2


c0223259_15533932.jpg



カルトナージュで、刺繍糸を入れる箱を作ろうと思って、

そのふたに貼ったら素敵だなと刺し始めたのはいいけれど、

刺し終わってもそのまま放置。。。。。

早いうちに箱に仕上げてお見せしたい!と思っています。

ちなみにこの図案集、創作意欲かきたてられます。

眺めているだけでも楽しめます。

More
[PR]
by roomview | 2012-01-22 15:54 | クロスステッチ

BOOK REVIEW Part2

東京は寒ーい雪がちらつく今日でした。


忘れないうちに第二弾。

c0223259_2102251.jpg少年H(上・下巻)
妹尾河童著
実家の本棚から去年のお正月の帰省の際に拝借。
上巻のわんぱく坊主の少年Hと下巻の思春期を迎えた少年H。戦争のさなか、世の中への抵抗感、自我との葛藤に苦しむ主人公の姿に切なくなる。
同じ年頃の息子のことを考えながら読んだ本。
c0223259_21151100.jpgゴールデンスランバー
伊坂幸太郎著
指名手配犯に味方する人なんてありえない?と思っていたけど、実際オウムの平田容疑者の場合はそうだった。。。
c0223259_2122463.jpgカラフル
森絵都著
息子が一日で読んだ!面白かったよ!と言ってきたので拝借。私のあとに主人も読んだ模様。
3人それぞれ最も印象にのこった場面が異なった。
息子は、少年とお父さんとの釣りのシーンに感動したらしい。主人は、主人公が初めて友達と言える子と出会い前向きに生きていこうとするところ。
そして私は、この本を読んで思いを語った息子の姿にちょっぴり感動。
c0223259_2124383.jpgファントム・ピークス
北村一光著
小細工なしのパニックもの。
c0223259_2125556.jpg利休にたずねよ
山本兼一著
前半のまったるい感じから後半への激しさへと徐々に移行し、最後の衝撃的なエンディング。
この方凄すぎる。
読んでる時期が悪く、どうしても利休が、大河ドラマの石坂浩二になっちまうのが私的には残念(涙)


まだまだあるよ。。。。
[PR]
by roomview | 2012-01-20 21:58 | 読書

BOOK REVIEW Part1

昨年から読んだ本を写真に残すようにしている。

悲しいかな、年と共に読んだ本もなかなか覚えていられらなくなる。

感想とともに記録に残しておきます。

c0223259_23293477.jpg完全なる首長竜の日
乾緑郎著
帯に惹かれ購入。うーん、近未来の医学の力でなんでもありか!?ととりあえず自分を納得させてみる。
c0223259_23302252.jpgダイイング・アイ
東野圭吾著
残念ながら内容をあまり覚えていない。。。インパクトに欠けていたか、私の物覚えが悪いのか。。。。
c0223259_2330567.jpg日輪の遺産
浅田次郎著
映画化にともない書店に積んであったので購入。(私の場合こんなパターンが多い)
埋蔵金は果たして見つかるか?!読んでのお楽しみ。
c0223259_23323241.jpg阪急電車
有川浩著
これも前面に陳列されてたので購入。関西弁のリズムが心地よい。懐かしくなり関西在住のRぴょんにメール。彼女は映画のエキストラに出ようとしていたらしい。さすが☆Rぴょん!
c0223259_23405880.jpg永遠の0
百田尚樹著
夫の本棚より拝借。人生感を変える貴重な1冊。最初、海軍の用語や戦艦、戦闘機の用語に悪戦苦闘、慣れればあっという間に読み終えた感じ。涙なしでは読めません。

















といった感じで、Part2へと続きます。。。
[PR]
by roomview | 2012-01-14 23:56 | 読書

戻ってきました

2011年はまさに試練の年。

私にとっていろいろなことが起きました。

そして後悔と反省の日々。

2012年は新たにスタートする年。

そしてブログも再開するぜいっと気合入ってます。

まず手始めとしてマイPC買いました。

40半ばにしてはじめての自分だけのPC。

ネットやメールの設定からなにから全部自分だけでやって、

そんでもって必要なソフトも入れて、ふふふ、自分で。

こんなに楽しいものだなんて、久しぶりのウキウキ感。

一通りの環境が整ったので、ブログを開いてみたはいいけど

PWがわからない、なんと、忘れてしもうたー。

アップするまで1日もかかってしまいました。

こんな感じで、いつものように、私らしく?スタートした2012年ですが、

心機一転、心穏やかに過ごしていきたいと思います。

クロスステッチに限らず読んだ本の感想、その他もろもろの出来事を綴ろうと思います。


早速、綴ろうかな。

今日観に行った映画は「ニューイヤーズイブ」

年末見るはずが、逃してしまって、年越しの鑑賞でございます。

大好きなドラマ「GLEE」のレイチェルが、ボン・ジョヴィのバックコーラスのボーカル役で出ていた。

個人的にはミシェル・ファイファーに共感。

私も年を取ったということか。

心が温かくなり、私も頑張ろうという気持ちになりました。
[PR]
by roomview | 2012-01-13 23:01 | 映画/ドラマ