猫好きの気ままな主婦のひとり言


by roomview
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

三国志と重松清

続きのBOOK REVIEWを楽しみにしてる方(皆無に等しいかも。。。。)ごめんなさい。

なかなか更新できません。というのも携帯の写メの整理がまだできておらず、

ぐっちゃぐっちゃなのでやる気が起きません。

早く整理しないと本の内容を忘れてしまうよーっ、年なんだから(怒)(もう一人の私の声)。

今週こそ頑張ります。

さて、昨年の年末に仕事を退職し、今は専業主婦に戻りました。

自由な時間はたっぷり。

撮りだめしてたドラマや番組、レンタルしてきた映画などを鑑賞したり、

クロスステッチ再開したり、ランニングをしてストレス発散したり、

手抜きしてた家事を頑張ったり、等、まあいろいろなことに

時間を費やしているのですが、確実に減ったのが本を読む時間です。

以前は通勤電車の中やお昼休みには広げていた文庫本も、

今は就寝前の10数分広げるのがやっと。

1か月に最低2冊は読もう!と年初にたてた目標もぎりぎり達成かなって感じです。

それに今月になって読みだした、吉川英治の「三国志」がちょっとというか、かなりつらい。

戦時中に新聞に連載されていたらしいので、難解な漢字や古い言い回しに疲れてしまう。

実は、ずーっとはるか昔、高校生の頃、「新平家物語」にチャレンジしたのだが、

3分の2位で、話に飽きて読破できず。

その数年後、「宮本武蔵」は文庫で3巻ほど読んで断念。(これまた飽きた。。。)

今回の三国志は最短記録になりそうな気が。。。。

なんで多くの殿方が三国志が好きなのかよくわからない。。。。

息子の友達にも何人か三国志マニアがいるらしいのですが、

息子曰く、「みんな小説じゃなくて、漫画読んでんだよ。」なんだとか。

私は、気合と辞書を片手にもう少し頑張りますよ、まだ当分は。




そんな中、日経新聞の夕刊で新しく始まった連載、重松清の「ファミレス」。

これは箸休め的な感じで、軽く読んでます。

いきなり最初に衝撃的な出来事が起こったけど、これからの展開が楽しみ。




今回観に行った映画は「2011年心に残った映画アンコール上映」の一つ、

「キッズ・アー・オールライト」。

傍からはアブノーマルな家族に映っていても、中にいる人にとってはそれが自然であたりまえな事。

そして、そんな中でも、子供たちは、それなりに育って親から巣立っていく。

要は家族の心が通じ合ってることに尽きるのかな。
[PR]
by roomview | 2012-02-29 00:21 | 読書
前回のスヌードで久しぶりに編み物の楽しさに目覚め、

再びとっても簡単な一作をこしらえました。

c0223259_21443152.jpg


娘のピアノの発表会のドレスコードはセミフォーマル。

白いセーターに合わせたらかわいいかも☆とあみあみしました。



そして、先週発表会は無事に終わりました。

今回は本人緊張しまくりで、頭が真っ白になったらしく、普段、間違えないところで、

手が止まってしまいました。こんなこともあるんだなあと。。。。

本番に100%の力を発揮するのはとっても難しいことなんですね。

楽器もそうだけど、スポーツとか一流の選手は100%の力を出すために

常日頃、並々ならぬ努力をしているのですね。脱帽です。


ところで、寒ーい外から帰宅してきた我が家の子供たち。

おやつを食べてから、床暖房のきいているあったかーい部屋でうだうだしているせいか、

最近になって、お昼寝(いや夕方寝?)のわるーい癖がついてしまったようです。

あまりにも気持ちよさそうな顔で寝ているので、1時間位いいかなとそのまま起こさずにいます。

その時に必ずガル嬢が添い寝。真ん中の黒い物体がお嬢。

c0223259_2282986.jpg


そして約1時間後。

c0223259_2285297.jpg


どっちが頭かおしりかわからないが、一人(匹)になってもねむり続けるかわいいやつ。。。。

あんたは幸せそうでいいねぇ。
[PR]
by roomview | 2012-02-21 21:53 | 編み物

Hearts & Flowers

c0223259_2341470.jpg

Hearts & Flowers, Carriage House Samplings
Fabric:Wichelt-Permin, Chestnut, 32 count
Thread: DMC 2 over 2


新しいもの始めてみました。

大好きな、Carriage House Samplingsのデザイナーさんが辞められるときに

(今現在は妹(姉?)様がデザイナーさんを務めていらっしゃいます)

大人買いでたくさん買ったうちの一つ。

中くらいの大きさのものだから暖かくなるまでには完成させたい。

大好きなピンクが嬉しいな。。。。
[PR]
by roomview | 2012-02-08 23:06 | クロスステッチ

BOOK REVIEW Part 3

c0223259_2049712.jpg重力ピエロ
伊坂幸太郎著
兄弟と父子関係ってこんなに女々しくないの?とうらやましくなる。
c0223259_20492794.jpgそこへ届くのは僕たちの声
小路幸也著
育児雑誌に子供たちにお奨めの本と紹介されていたので読んでみる。
小中学生の登場人物たちを見守る大人の瞳がやさしい。
c0223259_20495857.jpgプリズンホテル夏
浅田次郎著
前から読みたかった本。ようやく手に取ることができた。
抱腹絶倒。読んだ後の爽快感。続きが楽しみだわ。
c0223259_20501245.jpg悼む人(上・下巻)
天童荒太著
究極の他者への愛。登場人物たちの悲しみに胸が苦しくなる。ぜひ読んでほしい。
c0223259_20503083.jpg夏への扉
ロバート・A・ハインライン著
前述の育児雑誌推薦の一冊。
失礼ながら私はこの有名なSF作家のことを、
今まで知らなくて夫に馬鹿にされた。
1950年代の作品。SFの古典といわれるらしい。
大人も十分楽しめる。表紙の絵は猫のビート君ね。

余談だか私は訳本が苦手だ。
最近の訳者はそんなことないと思うけれど、
英語の言い回しをそのまま日本語に置き換えられると
(たとえば2重否定とか)
理解するのに繰り返し読まなければならなくなる。
つまり私の読解力の問題なのだけど。。。。
けれど物語の中盤になればそんな言い回しにも慣れてくるのだから、
とっかかりにつまずかなければまあ大丈夫ですが。
そんなんだから、読みたい外国の本はたくさんあるのに自然に避けるようになってきた。
もったいない話です。


More
[PR]
by roomview | 2012-02-03 17:49 | 読書