猫好きの気ままな主婦のひとり言


by roomview
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

娘の誕生日の日曜日、二人で走ってきました。

第27回ロードレースin軽井沢。親子マラソンの部。

まったく気乗りしない娘をほぼ強引に連れて行き、

当日の朝まで、「なんで走らなきゃいけないの?」とやる気まったくなしの様子。

スタート前まで気乗りしない彼女に、ゆっくり走れば大丈夫、

自分たちのペースで走ればいいんだからと言い聞かせ、号砲とともに最後尾でスタート。

中盤あたりで娘の表情を見たら、なんかまだまだ力出せそうな雰囲気だったから、

「Mちゃん、もう少し早く走れそう?」ときくと、「いける。」というのでペースアップ。

次々に抜いて行って(これがなかなか気持ち良い。。。)、ゴールの横断幕が見えてきたあたりで、

もう一声。「あそこまで(横断幕)全速力で行ける?」「うん!」

それからは娘の速さについていくのが精一杯。(さすがリレーの選手)

「お母さん!手ぇつないで!」と冷静に指示され、娘に手を取られてフィニッシュ。

(ゴールは必ずペアが手を繋がなくてはならないルールを失念してた私(>_<))  

気持ち良かったねえ、Mちゃん。思い出になったかな?

母にはとても良い思い出になりました☆



ハーフの部に参加した主人も、自身未踏のキロ6分ペースで完走。

筋肉痛でふにゃふにゃになって歩きながらも、表情は本当に嬉しそう。


参加記念のピンクのTシャツと、記録証。

c0223259_12594229.jpg


当日はたくさんのランナーが着て走っていて、新緑の軽井沢の道はピンクのお花が咲いたよう。

もちろん私たちも着て走りました(^^)


そして今朝、まるでご褒美のように、金環日食が、その姿を雲の間から現してくれました。

フィルムを通してみる太陽は、金色のリング。まさしく金環という言葉がぴったり。

きれいだーという声があちらこちらから聞こえました。

なんだか嬉しいことだらけで、気分は最高です。
[PR]
by roomview | 2012-05-21 13:16 | 出来事

悩める主婦。。。。。

最近なんだか疲れていて、家事をこなすだけで精一杯な日々。

なんで?更年期か?季節の変わり目?五月病?

ステッチもサボり気味で披露できるものもないので、

なんでこの頃疲れているのか、ちょっと分析してみた。

上記の理由も少なからずある。

しかし一番の心当たりは、ずばり、走っているから。

専業主婦に戻ってから、週3回走り始めたのがいけなかった。

走った日はソファーでぐったり。

しかし、走らないと、罪悪感とともに、血の巡りが悪くなるような感覚が体に起きる。

どーしたらいいの?


ただ、最近知り合った、足裏マッサージに詳しい人に、「何か運動してる?見た目でわかるけど。」

と、人生で初めて言われた。

表情には出さなかったけど、かなり嬉しかった。

ということで

結論* 疲れるほど走るべからず。ほどほどにが一番。


今週末、主人の付き添いで軽井沢ハーフマラソンに参加します。

私と娘は2.1キロの親子マラソンに参加したのち、

荷物番の息子と一緒にハーフ参加の主人の応援に回ります。

天気予報は晴れ。新緑の軽井沢を満喫したいです。
[PR]
by roomview | 2012-05-17 22:14 | 出来事

BOOK REVIEW Part4

ゴールデンウィークも終わり、昨日から通常が戻ってきました☆

今年は喪中ということもあり、ほとんどおうちで過ごし、ゆっくりすることができました。

1日だけのお出かけは上野の国立科学博物館へ。

リピーターのわれら家族ですが、娘は何回観ても飽きないもよう。

今回、インカ帝国展やってましたが、混んでました。


てなわけで、BOOK REVIEW第四弾。

c0223259_17192963.jpg風の中のマリア
百田尚樹著
スズメバチは自身の習性には逆らえぬ。それはそれで素晴らしい。
じゃあ、私たち人間の生きる目的は???などと考えてみる。
面白かった☆

c0223259_17195963.jpg九月が永遠に続けば
沼田まほかる著
なんとも後味の悪い本でした。
9月は永遠に続いてほしくはないよね。5月ならいいけど。(私、5月大好き)

c0223259_17203777.jpgハッピー・リタイアメント
浅田次郎著
最後は何でこうなるの?と次郎さんを恨みたくなるけど、清々しいから良しとする。
c0223259_1720477.jpgサスツルギの亡霊
神山裕右著
今までサルツルギだと思ってました(・・;)
話の途中で、数人の登場人物がぐちゃぐちゃになってしまって、
犯人がわかっても、って誰だったけ?となってしまった。
人物描写に工夫が必要だよとアドバイスしたくなる。
それとも私の記憶力のなさのせいなのか。。。。私のような人はメモ必須です。
c0223259_22594251.jpgメタボラ
桐野夏生著
人は自分を取り巻く環境に順応して生きていくしかないのか?
抗うことはできないのか?負のスパイラルに巻き込まれてしまう主人公の取捨選択。
桐野さんは私の大好きな作家の一人。
彼女が描く女性が好き。ミロ、ビッグマックを3個食う女子プロレスラー、死体処理する主婦etc。皆さん、凄すぎる。。。。。



主人にこの記事を見せた。彼はスマホのアプリを使って読んだ本を整理しているらしい。

なにげに馬鹿にされた。

アナログなまま第5段へつづく。。。。。
[PR]
by roomview | 2012-05-08 17:22 | 読書