猫好きの気ままな主婦のひとり言


by roomview
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ララムリ

昨日の夜、NHKの「地球イチバン」を観た。

メキシコの高原に住むララムリという走る人々のお話。

一番驚いたのが、ララムリのララヒッパリという走る行事。

松の木で作ったソフトボールぐらいの大きさのボールをひたすら蹴り続けながら走り続け、最後まで蹴り続けた方が勝ちという単純なルールなのだけど、子供たちもこのララヒッパリをやっていて、この子たちは夜通し走り続ける。もう遊びの域を超えている。次の日はもちろん学校も欠席。そりゃそうだ。

周りの応援もすごく、大人たちも一緒になって走って、お水を飲ませるなどのサポートをしている。女の人たちは、民族衣装の長くてひだだらけの(まるでフラメンコのような)スカートを穿いたままかなりのスピードを出して子供たちについて走って、ほんと速い。

ララムリの人々になんで走るのかと聞いても、みな口をそろえて「わからない」と答える。この行事は400年も続いていて、走る意味なんてとっくに忘れられていても、走る行為自体は脈々と続いている。

車や馬に乗ることもなかったはるか昔、人間は自分の足が移動手段のすべて。走ることは生きることだったんだろうなと思う。だから走ることに意味なんかないのかもしれない。

面白い番組だった。



さて、台風すごかったですね。多くの爪痕を残して過ぎ去っていき、またまた自然の怖さを知ることとなりました。

台風の雨がやんだ後、一瞬空が晴れ、風がやみ、虹がかかりました。

c0223259_10403738.jpg


けれどもそのあと、また雲がかかり、すぐに消えてしまいました。

犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。



本日のラン:お休み
[PR]
# by roomview | 2013-10-18 10:48 | Run

茅ヶ岳と金ヶ岳

3連休の最終日、友人2人と茅ヶ岳と金ヶ岳に行ってきました。

韮崎の駅に降りると、北方面の山々はよく見えたものの、南方面はいまいち。

時間がたてガスもとれるかなと期待をしつつ、深田公園までバスで向かい、最初は緩やかな登山道を登っていきます。

c0223259_17201550.jpg
紅葉はまだのよう。


c0223259_1721357.jpg
茅ヶ岳山頂。
残念ながら富士山、南アルプスは見えず。


c0223259_17214525.jpg
次は金ヶ岳を目指します。


c0223259_17215531.jpg
金ヶ岳山頂。


c0223259_1722460.jpg
金ヶ岳の頂上からの眺め


今回の登山はいろんな意味で良い経験になりました。
というのも、学校登山以来初めてという友人も参加したのですが、私の登山人生で初めて困ったな!という気持ちになったからです。
彼女はこのブログの存在は知らないので、あえて、お話しさせていただきます。
彼女、普段まったく運動をしていないにもかかわらず、たぶん基礎体力はかなりあるのでしょう、前半からがんがん飛ばし、姿が見えなくなることしばしば。他に登山者もいるから大丈夫だろうと、私と登山経験者であるもう一人の友人はゆっくり登っていたところ、登山道から外れて斜面を登っている彼女を発見。
あまりきついことを言えない私は、「とにかく私たちの姿が見えなくならないように、たびたびうしろを確認してくれ」とお願いしました。
それでもがんがん飛ばしていくので、心配のあまり、私たちもいつもよりかなりハイペースでついていく羽目になりました。もう一人の友人が、案の定バテテしまい、たびたび休憩を要求し、わたしも景色や周りの木々を眺める余裕もなくなり、最後の登りはまったく楽しむことができなくなってしまいました。
(深田久弥の終焉の碑も女岩も気が付かなかった。。。。悲しい)

遅い人のペースに合わせ、パーティはばらばらにならないという暗黙の了解みたいなものがあると思っていました。たとえ登山をしない人でもこれくらいはわかっているだろうと。小学生じゃあるまいし、私たちは人生経験豊富な、もう40過ぎのおばさんですよ。

休憩のとき、やんわりと飛ばしすぎは危ないと指摘したので、下山は大丈夫だろうと思っていました。が、
下山もがんがん飛ばし、(なんでわかんないかなぁ)、登山道を2回もはずれ、(ふみ跡もないのになぜ?まったく周りを見ていない)、そして豪快に転びまくる、、、、危なくてしょうがない。分岐でも、何の根拠もなく、感で「こっちだよね」と間違った方向に進んでしまう。

結局、登山口に到着しても達成感よりも、むなしさだけが残りました。よく雑誌やネットとかで、遭難につながる危険な判断や行為が取り上げられているが、今回身を以て経験させていただいた。

私は単独で登山の経験もある。ソロは危険といわれるが、果たしてそうなのか?今回はソロでもなく経験者もいるのに、一歩間違えれば、遭難!?大けが!?という出来事が多数起きた。結局はソロであろうが、パーティであろうが一人一人の意識が最も大切で、体力ももちろんだが、歩行技術や確かな情報に基づく状況判断力のほうが、安全登山のためにはたいせつなのではないかと思った。

そして登山はその人の性格、いやもっと突き詰めればその人の生き方までが表れる。
もし彼女と山に行く機会がまた訪れたのなら、毅然とした態度で、私の思いを伝えようと思う。
[PR]
# by roomview | 2013-10-15 22:10 | トレッキング

だいぶ大きくなりました

我が家に来てから2か月。体つきは成猫のよう。しなやかな筋肉を持つ姿に似つかわしくない、短くいびつなしっぽもかわいいです。
c0223259_1623571.jpg


娘に「きなこもち」と呼ばれている前足。
c0223259_1624787.jpg



食欲旺盛で、まだまだ大きくなりそうだわ。


本日のラン:19.4K、平均LAP:06’43’’
(主人が本日フルマラソン走ってきました。5時間切ったと連絡ありました。おめでとう!)
[PR]
# by roomview | 2013-10-13 16:12 | 出来事

100名山と200名山

先日の黒姫山のツアーの際、ツアーリーダーの方が100名山をすべて登るよりも200名山
を制覇する方が大変であり、なぜなら登山道が整備されてないところも多いし、奥深い山が多いからだという説明を受けた。

たしかに200名山の黒姫山は奥深ーい山だった。

山登りをしている方には「100名山制覇を目指してます」という人が結構いる。今まで、お二人の制覇済み方とお会いしてお話もしたことがある。とにかくお二人に共通することは週に1回以上山に向かっているということ、山がだーいすきで、心も体も若々しく、人間的にも素晴らしいこと。いやーすごい!脱帽です。

わたしも100名山制覇はあこがれているけど、お金のことを考えると、登れればいっかなぐらいで、あまりこだわりはない。一応、今年から毎年5座登って行こうと目標をたて(いつまで続くかわからないけど)、今現在、丹沢、木曽駒ヶ岳、槍ヶ岳、八ヶ岳と4座となっている。

ちなみに200名山どこに登ったのかなとさっき調べていたら、三瓶山、燕岳、黒姫山の3座でした。

ははっ、少なっ!?あまりの少なさに逆に驚いた!まだまだ足元にも及びません。


ちなみにあさって深田久弥先生ゆかりの、200名山・茅が岳に登る予定です。(やったープラスいっこ!)




本日のラン:17.1K、平均LAP:06’09’’(10月なのに暑すぎる。。。。。)
[PR]
# by roomview | 2013-10-12 15:14 | トレッキング

ほっと一安心

先月に受けたマンモの乳がん検診の結果が要再検査だった(@_@)ので、昨日エコーによる再検診を受けに行ってきました。

じつはそのがん検診の結果が出たのが先週で、土日のツアーの最中もそのことが頭をよぎり、かなり不安な時間を過ごしていたのです。戸隠神社でも必死にお祈りしてました。

で、昨日の結果は、マンモグラフィーに映っていたかげのところに腫瘍はなかったのですが、別のところに良性の乳腺腫が見つかりました。

良性という言葉に一安心。ただ悪性に変化する恐れもあるので、3か月後に再検査するそうです。そして何もなければこれから1年おきに検査を受けてくださいとのことでした。

うちの区ではマンモと触診が2年に1回受けられますが、最初からエコーの検査を受けられるようにしておけばいいのになと思ったりしました。


35歳からずーっと忘れずに自治体のがん検診を受けていて初めての再検査でした。あとで聞いたのですが、乳がん検診の場合、異常が見つかる確率は9%。そしてその中でがんと診断される人は3%だそうです。かなり低い確率ですが、きちんと検診は受けましょうね!


本日のラン:9.8K、平均LAP:06’08’’
[PR]
# by roomview | 2013-10-09 17:11 | 出来事