猫好きの気ままな主婦のひとり言


by roomview
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

大岳山

誕生日の火曜日に、念願の大岳山に登ってきました。
御岳山は過去に二度ほど登ったことがあったのですが、今回はさらに奥に足を延ばし、
下りも反対側に下ってみようと計画しました。

c0223259_17134990.jpg
東京駅で中央線快速に乗り込みます。座っていけるので、とりあえず寝ますzzz



御嶽駅で降り、バスに乗り換えて、滝本のケーブルカー乗り場へ。そして、ケーブルカーに乗り込みます。

ここまではスムーズに移動できました。
c0223259_17135440.jpg
ケーブルカーも空いてて、どの席でも、後方がばっちり見えます。標高を稼いでいきます。20年前の最初の御岳山行ではケーブルカーに乗らずに歩いたことを思い出す。若かった。。。。


山頂駅の展望台で身支度を整え、準備体操して、アンドロイドのGPSも確認して、出発します。

c0223259_17135794.jpg
神代ケヤキ
神代ケヤキって何?と思い調べてみました。
古木が何らかの理由で地中に埋もれてしまって、外側が炭化してしまった樹木のことだとか。神代とは神武天皇以前の神様たちの時代のことだそうで、古い時代の例えのようです。


c0223259_17140095.jpg
カッパのベンチ。正座してる後ろ姿がなんともかわいい。


c0223259_17140598.jpg
御岳神社の石段脇の木々の紅葉の色づきも今がピークのよう。


c0223259_17141137.jpg
見上げると山肌の紅葉もいい感じ。


c0223259_17141560.jpg
芥場峠を過ぎたあたりから、ごつごつした岩の斜面が見られるようになる。
登山道の様子も様変わりして、岩場が随所に登場。鎖場もあり、低山らしからぬ感じ。


c0223259_17144065.jpg
空も葉っぱもいい感じ。誕生日をお祝いしてくれてるのかな♪


c0223259_17142276.jpg
ずんずん標高を上げていくと、休業中の大岳山荘前に到着。
小屋脇のトイレ。ペーパーはもちろんないし、ぽっとん便所だけど、清潔できれいだった。
管理が行き届いているのでしょう。ありがたいです。


c0223259_17141975.jpg
トイレ前が、展望台。進入禁止になってました。最後の登りに備えてしばし休憩。


c0223259_17144789.jpg
20分弱で大岳山頂に到着。富士山は残念ながら見えなかったけど、近隣の山々の眺望はよろし。ひとまずお昼に。カレーパンとランチパック。バーナーで湯をわかしインスタントコーヒーを入れ、お砂糖たっぷり入れていただく。山で食べるごはんはいつもおいしい。
眺めのよい場所は他の登山客に占領されていたけど、ごはんが終わるころ、場所が空いたので、写真を撮りに行く。気持ちの良い眺めです。


c0223259_17145338.jpg
地図とコンパスで位置をたしかめる。たぶん、備前山。
次に登りたい山のひとつ。


c0223259_17145620.jpg
たぶん三頭山。2年前の夏に家族で、都民の森から登った。次は別のルートで歩いてもいいかも。


c0223259_17145121.jpg
ススキの穂も陽をあびてきらきら。初冬ってかんじ。あー、幸せだな。自分の足で山に登れるってことはほんと幸せな事なんだよね。しみじみ。。。。


c0223259_17145916.jpg
馬頭刈尾根方面へ下り開始。最初は緩やかなくだりでお散歩気分で歩けるけど、富士見台あたりからつづら岩までは、ある程度のアップダウンがあり、岩場の危険な場所も少しあり。

c0223259_17150472.jpg
つづら岩ではクライマーの方々が岩に張り付いているのが見えました。
「ナイス!」とか「ガンバ!」とか声掛けが聞こえました。スポーツって感じですね。
わたしのゆるゆる登山とは次元が違いますね。

ここの分岐から馬頭刈尾根をはずれ千足のバス停に向けてすっごい急坂をくだります。
用意していたストックをザックから出し、戦闘準備。
ストックを使うのは槍ヶ岳以来、2回目。ストック使いが得意ではないため、あまり使いたくないけど、膝を痛めたらおしまいだと思って思い切って使うことにしました。

けど、ストックを使うと頼りすぎてしまうのか、足取りが乱暴になってしまうような気がする。
多少、バランス崩しても、ストックで体勢立て直せるからなのかな。。。?

確かに、足の負担は軽減されますが。。。。


c0223259_17151696.jpg
沢沿いに出ました。きれいな水。
この先に滝があります。


c0223259_17150611.jpg
綾滝。ベンチがあり休憩できるようになってます。


c0223259_17151268.jpg
天狗の滝。私はこっちで休憩。ぼーと滝の水の流れを見上げます。膝の具合は大丈夫そうなので、ここでストックをしまいました。やっぱり、ない方が歩きやすいな。


滝を過ぎて少し歩くと林道に出ます。千足の集落を通り、左手に神社を見て、バス通りにぶつかると、本日終点の千足バス停に到着
お疲れ様でした。
時刻表を見ると、10分前にバスが去っていったらしく、次のバスまで、1時間以上もある!!!??やられたぁ。

しょうがないから、林道にもどり、公衆トイレで用をすますことに。えっちらとまた登り返し、公衆トイレに。ここは水洗でした。
時間はたっぷりあるしと思って、えいっと、トイレの中で、わずらわしいサポートタイツも脱いじゃいました。解放感。

また、バス停に戻って、寒かったので、フリース等着込んで、文庫本の残りは帰りの電車に取っておきたいなと思って、スマホで週刊ヤマケイのバックナンバーを読みながら時間をつぶすことにしました。

すると、手押しカートを押しながらゆっくり歩いてくるおばあちゃんが、私一人ぼっちで座っていた、バス停のベンチに、よっこらしょ
と腰を下ろしてきました。
「バスに乗られるんですか?」と聞くと、「いやいや、疲れたから、休憩。」っ始まって、よほど話相手が欲しかったのか、いろいろなお話を聞かせてくださいました。
自分の若い時のお仕事のこと、千足の集落の昔の様子、先日連れて行ってもらった湖の話、etc。
「今度、90になるよ。」と年齢まで教えていただいた。
「わー、私の倍だ。元気ですね。」と答えると、「あんたさんはまだ若いから、これからいろいろなところに行けるねぇ。」
とおっしゃった。
ほんとにそうだ。私にはまだ健康な体がある。もっといろんな場所に行ってみよう!と心の底から思った。

バスが来るまで、ちっとも退屈せずに過ごせました。ありがとう、おばあちゃん。

c0223259_17153125.jpg
バス停からはその日登った大岳山(たぶん?)が見えました。


バス、電車、またバスと乗り継いで家に帰って、東京駅で買った駅弁で夕食を済ませると、主人が、誕生日ケーキを買って帰ってきました。

c0223259_17153409.jpg
シェ・シーマのケーキ。
どうやら、朝、私が出かけた後、娘が主人に買って来いと命令していたらしいです。
心に残る、素敵な誕生日になりました。ありがとう!みんなに感謝です。

さて、
詳しい行程等はヤマレコをご覧ください。


本日のラン:おやすみ
[PR]
by roomview | 2013-11-15 17:42 | トレッキング

瑞牆山

今月は私の誕生日の月。誕生日プレゼントはいらないから山に連れて行って!ということで
レンタカー借りて主人の運転で瑞牆山へ行くことに決定。

子供たちはそれぞれが行事を抱えていて、なかなか予定が合わないので、
十数年ぶりにダンナと2人での山登り。
どんなことになるやら。

朝早く出発して、8:30ごろ、みずがき山自然公園に到着。

ここには芝生公園というものがあり、その奥からクライミングのゲレンデにいく道があるらしく、多くのクライマーたちがその方面に向かっていた。布団マットみたいなものを持ってる人たちもいてなんだ?と思ったけどきっとクライミングに使うんでしょうね。
私たちもその方面に行ってみたが、目指す不動滝への道が見つからず、結局、舗装道路をさかのぼることにし、てくてく歩いて登山道口を発見。ほっと一安心。
最初の登山道入口を間違えて道迷いをする人もかなりの数いるらしいので、まず最初の関門クリア。

登山口から不動滝までは歩きやすい道が続きます。歩きはじめる時間が遅かったのか滝まで誰とも会わず、静かな山歩きです。


c0223259_1814594.jpg不動滝。予想したより水量はない。初めてここで他の登山者と会う。歩みが鈍いらしく、15分近く時間オーバー。


c0223259_18142344.jpg途中、いろんな名前が付けられたたくさんの岩が点在。これは、名前は不明だが、つっかえ棒だらけの岩。つい真似して、私も新たにつっかえ棒用の枝を探したい衝動にかられるが、ダンナに馬鹿にされそうで辞めておく。
ここから急登になる。岩だらけで体中を使いよじ登る感じ。ここ登山道?なんて思わせる堆積した岩だらけの箇所もあった。
がんばって登って、息が切れ、もうやだーというところで、富士見平からの登山道との合流地点に到着。
わー、人だらけ。やっぱ人気ある山だったのねと実感。それも若者比率高し。


c0223259_18145527.jpg10分近く時間短縮で山頂到着。そりゃ、息切れもするわいな。山頂は風強し、けど人はいっぱい。
眺望はよくなかったので、ひとまず座ってお昼の準備をすることに。座れるところを探すのにちと苦労しつつも、岩場の下で風を遮るところに場所を確保。
メニューはカップヌードルカレーと我が家定番ヤマザキのランチパック。
カップヌードルがBIGじゃないことに不満たらたらなダンナ。ポテト30%増量だから許してね。
(ちなみに30%ってどんくらいかな?3切れ位?)


c0223259_18143568.jpg南アルプス方面。往きの高速からは白峰三山、甲斐駒ケ岳も見えたのに、やっぱり午後になるとガスってしまった。残念。
手前は大やすり岩。


c0223259_18144574.jpg金峰山も雲の中。


富士見平小屋方面へ下山。不動沢ルートと違って、人人。下る人も登ってくる人もいっぱい。しばらくは急なくだりが続き、久しぶりの山登りのダンナの足取りはかなり投げやりで、足の置き方にも丁寧さが感じられない。
「疲れた?」と聞くと、「俺の下り方のスタイル」と答えてた。


c0223259_1815827.jpgかわいらしい玄関の富士見平小屋に到着。私は横奥のトイレに直行したので、残念ながら中には入ってません。早く帰りたそうなダンナの様子を見て、休憩もせず、早々に後にしました。
ここから、うっすら富士山も見えました。




c0223259_18151917.jpg小屋から少し下ったところから林道に入ります。この林道のいい按排の傾斜がとても歩きやすく、この日初めておしゃべりに花が咲いた。くだらない話で盛り上がり、爆笑しまくりで、ずんずん歩いてしまい、みずがき山自然公園方面への登山道への入り口を見落としてしまった。
瑞牆山荘への登山道との交差地点まで行ってしまい、そこで間違いに気が付いて、引き返して30分のロス。
私とダンナが一緒になると何かが起きると思っていたけど、やっぱり起きた。
猛反省。


c0223259_18153437.jpg登山道に再度入ると、ふかふかの落ち葉と周りの木々の紅葉で気分も上がる。最後の最後で楽しい山歩きができた。この道はおすすめです。


c0223259_18154572.jpg朝出発した自然公園に戻ってきました。お疲れさま。
公園内の最後の階段のところで、ダンナが前のめりに静かにこけた。ちゃんと両手で顔面をガード。
さすがだ。あまりにもスローな動作でこけたので、すっごく笑えた。ふふっ、やっぱ疲れてるじゃん。

見上げると堂々とした瑞牆山が。もうすぐ日没です。



ちなみに芝生公園だが、一見一面きれいな芝生だが、歩いてみると、鹿の糞だらけ。
ボール遊びや駆け回って遊ぶのは残念ながら辞めた方がいい。
万が一転んだりしたら糞まみれになるでしょう。
しばふ公園ならぬ、しかふん公園?!だった。

途中、増富の湯によって汗を流し、岐路につきました。家に着いたのは9:00頃。
ながーい有意義なおっもしろい一日でした。たまには、主人と一緒に行ける機会がふえるといいな。

c0223259_18155489.jpgダンナが、公園の売店で、また変なものをいつの間に買っていた。何も入っていないものは山なし酒。
そしてもう一つは。。。。


c0223259_181624.jpgくまん蜂酒!!おそろしか。。。。


詳しい行程はヤマレコをご覧ください。


本日のラン:お休み
[PR]
by roomview | 2013-11-13 18:18 | トレッキング

Quaker Christmas 9

c0223259_1717742.jpg
Quaker Christmas, ByGone Stitches
Thread: Crescent Colours, Belle Soie Silk Floss
Fabric: Zweigart Cream Ivory 36ct, 2over 2

現在の全体像です。
緑の刺繍糸がとうとうなくなってしまったので、注文した糸が届くまで進められなくなりました。


c0223259_17304997.jpg

ゴールドの天使。

c0223259_17172752.jpg

ここは本来自分のイニシャルを入れるんだろうけど、子供たちのイニシャルにしちゃいました。
それも色は目立つようにレッドに代えて。


次はPrairieのサンタでも進めようと思います。






さて、週末に瑞牆山に行ってきました。詳細のアップは後日に。
c0223259_17174318.jpg



そして、明日はソロで久々に奥多摩の山に行こうかなと計画していたのですが、真冬並みの寒気が下りてきているよう。

どうしようかな、辞めようかな。けど、紅葉は今がピークらしいし。。。。。

明日を逃すと、今月後半になってしまう。。。

やっぱり、行こう!防寒対策しっかりね。



本日のラン:17.1K, 平均LAP:06’08’’
[PR]
by roomview | 2013-11-11 17:37 | クロスステッチ

茅ヶ岳と金ヶ岳

3連休の最終日、友人2人と茅ヶ岳と金ヶ岳に行ってきました。

韮崎の駅に降りると、北方面の山々はよく見えたものの、南方面はいまいち。

時間がたてガスもとれるかなと期待をしつつ、深田公園までバスで向かい、最初は緩やかな登山道を登っていきます。

c0223259_17201550.jpg
紅葉はまだのよう。


c0223259_1721357.jpg
茅ヶ岳山頂。
残念ながら富士山、南アルプスは見えず。


c0223259_17214525.jpg
次は金ヶ岳を目指します。


c0223259_17215531.jpg
金ヶ岳山頂。


c0223259_1722460.jpg
金ヶ岳の頂上からの眺め


今回の登山はいろんな意味で良い経験になりました。
というのも、学校登山以来初めてという友人も参加したのですが、私の登山人生で初めて困ったな!という気持ちになったからです。
彼女はこのブログの存在は知らないので、あえて、お話しさせていただきます。
彼女、普段まったく運動をしていないにもかかわらず、たぶん基礎体力はかなりあるのでしょう、前半からがんがん飛ばし、姿が見えなくなることしばしば。他に登山者もいるから大丈夫だろうと、私と登山経験者であるもう一人の友人はゆっくり登っていたところ、登山道から外れて斜面を登っている彼女を発見。
あまりきついことを言えない私は、「とにかく私たちの姿が見えなくならないように、たびたびうしろを確認してくれ」とお願いしました。
それでもがんがん飛ばしていくので、心配のあまり、私たちもいつもよりかなりハイペースでついていく羽目になりました。もう一人の友人が、案の定バテテしまい、たびたび休憩を要求し、わたしも景色や周りの木々を眺める余裕もなくなり、最後の登りはまったく楽しむことができなくなってしまいました。
(深田久弥の終焉の碑も女岩も気が付かなかった。。。。悲しい)

遅い人のペースに合わせ、パーティはばらばらにならないという暗黙の了解みたいなものがあると思っていました。たとえ登山をしない人でもこれくらいはわかっているだろうと。小学生じゃあるまいし、私たちは人生経験豊富な、もう40過ぎのおばさんですよ。

休憩のとき、やんわりと飛ばしすぎは危ないと指摘したので、下山は大丈夫だろうと思っていました。が、
下山もがんがん飛ばし、(なんでわかんないかなぁ)、登山道を2回もはずれ、(ふみ跡もないのになぜ?まったく周りを見ていない)、そして豪快に転びまくる、、、、危なくてしょうがない。分岐でも、何の根拠もなく、感で「こっちだよね」と間違った方向に進んでしまう。

結局、登山口に到着しても達成感よりも、むなしさだけが残りました。よく雑誌やネットとかで、遭難につながる危険な判断や行為が取り上げられているが、今回身を以て経験させていただいた。

私は単独で登山の経験もある。ソロは危険といわれるが、果たしてそうなのか?今回はソロでもなく経験者もいるのに、一歩間違えれば、遭難!?大けが!?という出来事が多数起きた。結局はソロであろうが、パーティであろうが一人一人の意識が最も大切で、体力ももちろんだが、歩行技術や確かな情報に基づく状況判断力のほうが、安全登山のためにはたいせつなのではないかと思った。

そして登山はその人の性格、いやもっと突き詰めればその人の生き方までが表れる。
もし彼女と山に行く機会がまた訪れたのなら、毅然とした態度で、私の思いを伝えようと思う。
[PR]
by roomview | 2013-10-15 22:10 | トレッキング

100名山と200名山

先日の黒姫山のツアーの際、ツアーリーダーの方が100名山をすべて登るよりも200名山
を制覇する方が大変であり、なぜなら登山道が整備されてないところも多いし、奥深い山が多いからだという説明を受けた。

たしかに200名山の黒姫山は奥深ーい山だった。

山登りをしている方には「100名山制覇を目指してます」という人が結構いる。今まで、お二人の制覇済み方とお会いしてお話もしたことがある。とにかくお二人に共通することは週に1回以上山に向かっているということ、山がだーいすきで、心も体も若々しく、人間的にも素晴らしいこと。いやーすごい!脱帽です。

わたしも100名山制覇はあこがれているけど、お金のことを考えると、登れればいっかなぐらいで、あまりこだわりはない。一応、今年から毎年5座登って行こうと目標をたて(いつまで続くかわからないけど)、今現在、丹沢、木曽駒ヶ岳、槍ヶ岳、八ヶ岳と4座となっている。

ちなみに200名山どこに登ったのかなとさっき調べていたら、三瓶山、燕岳、黒姫山の3座でした。

ははっ、少なっ!?あまりの少なさに逆に驚いた!まだまだ足元にも及びません。


ちなみにあさって深田久弥先生ゆかりの、200名山・茅が岳に登る予定です。(やったープラスいっこ!)




本日のラン:17.1K、平均LAP:06’09’’(10月なのに暑すぎる。。。。。)
[PR]
by roomview | 2013-10-12 15:14 | トレッキング
朝からいいお天気。本日は黒姫山に登ります。


c0223259_1639037.jpg種池から黒姫山を望む。山頂は雲に隠れて見えない。


c0223259_16422447.jpg黒姫山山頂。2053m。ガスっていて眺望がきかない。


c0223259_16424497.jpg稜線には紅葉が。同じ木から黄色とオレンジの2色の紅葉。


c0223259_16425961.jpg黒姫高原方面のスキー場に下山。振り返るとたしかにスキー場だ!


本橋登山口からの登りは登山道も歩きやすく快適な歩き、スキー場への下りは木の根や、倒木などで難易度高いです。滑りやすい上、スキー場に入ると傾斜もきつく足にきました。

登りの途中からガスがかかり、野尻湖が見えてきたのは下りも終盤に差し掛かってきてから。けれどもガスの中の紅葉は雰囲気があってそれはそれで幻想的でよかったです。

そして途中トイレがなく、初めてお花摘み経験しちゃいました(・_・;)



本日のラン:お休み
[PR]
by roomview | 2013-10-08 17:04 | トレッキング
c0223259_2184214.jpg

鏡池から望む戸隠山




週末に戸隠神社参拝と黒姫山に登ってきました。

またまたツアーに参加です。

黒姫山は日帰りできる山ですが、アクセスに時間がかかるので初日は戸隠観光、2日目の早朝から黒姫山を目指すというスケジュールでした。

天気は東京は雨でしたが、長野に入ったあたりから陽が差し始め一安心。

まず、戸隠の名物の上品なおそばを堪能し、そのあと戸隠神社奥社周辺を散策しました。

ところどころ紅葉もみられ、アップダウンもなくゆるゆる観光しました。

パワースポットらしいですが、確かに空気の質が違うような。。。。

明日の登山に向けてパワーをチャージしました。



c0223259_21046100.jpg

散策の途中に静かな池が。

c0223259_20583846.jpg

長ーい杉並木の参道を歩いて行った先にある戸隠神社の奥社。山の中腹に佇んでいます。
次回は一人でゆっくり行きたいな。
そして戸隠山にもいつかチャレンジしてみたい。



本日のラン:お休み
[PR]
by roomview | 2013-10-07 21:19 | トレッキング

行動食

山に行くときに持っていく行動食。

週末の山登りに備えて用意したのがこれ。

c0223259_16404051.jpg


だいたい近所のスポーツ用品店のサプリ売り場と100円ショップで調達する。100円ショップは少しずつ小分けしてあるから便利。

今回は準備しなかったけど、下山時に飲むビール用のおつまみのナッツ系とするめ系も時々入れる。

しかし定番の飴はなし。というのも小さい頃遊んでる時に、舐めはじめの飴がなにかの拍子にのどにばこっと入っていたことがある。

あの時はほんとびっくりした。軌道をふさいでいたら死んでたと思う。今でもあののどの感覚は忘れない。それ以来、行動しているときは飴を舐めれない。。。トラウマというやつだ。

そして、朝におにぎりを作るか、時間がなければコンビニで菓子パンかおにぎりを調達。

ジップロップに入れておしまい。

週末土曜日の天気はいまいちだけど、日曜日は回復に向かうらしい。

紅葉が楽しみ。


本日のラン:13.7K、平均LAP:06’05’’(久しぶりにタイム計りながら走りました。)
[PR]
by roomview | 2013-10-04 17:01 | トレッキング

百名山

毎週NHKの「にっぽん百名山」を欠かさず見てます。もちろん録画も。

そのときに必ず手元に置いているものがこれ。

c0223259_2162517.jpg鳥瞰図で楽しむ日本百名山
成美堂出版

オールカラー!


登山地図もしくは地形図でもOKだけど、鳥瞰図だとイメージがつかみやすい。

「いまこの稜線ね。」とか、「このピークめざしてるんだぁ。」なんて妄想登山が楽しめる。

私の毎週恒例のひそかな楽しみ。子供たちの視線もひややかで呆れ気味。

ふふっ、かわいそうだなんて思わないでね♡



本日のラン:11.6K, 平均LAP:06’12’’
[PR]
by roomview | 2013-09-17 21:23 | トレッキング

悩むところだ

午前に新宿まで出かけて、〇〇〇ツーリズムの〇〇スクールの説明会に行ってきました。

以前から興味があって、9月から新規募集するというので、申し込んでいたのです。

うーん、たぶん山登りがまったく初めてで、かつ時間があり、お金もあるという方には魅力ある登山スクールだとは思います。みっちり教えていただけますから。

ただ、説明の中で、基礎スクール(約1年)の山行すべて参加すると60万かかると言われ、なおかつ60%以上の参加率を満たさないと修了書がいただけないということだったので、私は申し込みしませんでした。


お金の問題と時間の問題ですね、私としては。。。。子供達にもこれからさらにお金がかかるしね。


よって、今まで通り、単発でアルパインのツアーに申し込んだり、登山用品の店舗などで開催される勉強会に参加したり(探せばいろいろあります)、ハウツー本で独学で学んでいきたいと思います。

いずれいつかはそれでも限界がくる時が来るかもしれません。そのときまた新たな方法を考えるとしましょう。


今日のラン:お休み

(軽井沢マラソンの当日、ハロウィーンのイベントで娘のバトンクラブの発表があることが今日判明!どうしよう(@_@).....)
[PR]
by roomview | 2013-09-11 17:25 | トレッキング