猫好きの気ままな主婦のひとり言


by roomview
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
昨日観たのはこれ。

c0223259_17191271.jpg


近所の映画館で時々、1週間のサイクルで数種類の過去の映画を上映してくれる。

800円で観られるので主婦の財布には優しい企画もの。

楽しみに待っていたこの企画がまた始まりました。

しばらくの間、映画館に通うことになるでしょう。



で、このイギリス映画、面白い。

この主役の方、ゲイリー・オールドマンという方らしいが、

今までエキセントリックな役柄ばっかり演じてこられたような。。。

(ハリーポッターではシリウス先生でしたよね。)

概してイギリスの男優はこんな雰囲気の持ち主が多いような気がする。

シェイクスピアの演劇の影響なのかな。

白い歯きらりのアメリカ男優とは明らかに違う。。。

内容の感想は、ネタバレになってしまうといけないので、あえて書きませんが、

彼の無言の演技がしぶい。

というか最初の10数分、ほとんどしゃべらず。

高倉健状態。
[PR]
by roomview | 2012-11-01 17:39 | 映画/ドラマ
ほんといつになったら涼しくなってくれるのか?

毎日毎日暑くて、うちのガル嬢もぐったりです。



そんな中、夏休みには行けかなかった映画を観に行ってきました。

下の子のリクエストで「おおかみこどもの雨と雪」。

c0223259_6142547.jpg

あまりにもリアリティに欠けるストーリー設定に最初驚きだったけど、

後半あたりから母と子のストーリーとして自然と引き込まれ、

感情移入できた。

個人的には「時をかける少女」「サマーウォーズ」よりも好き。

小っちゃい子供たちがたくさん見に来ていたけど、これは大人向きのアニメ映画かな。
[PR]
by roomview | 2012-09-11 06:22 | 映画/ドラマ

映画2本

今月は2本映画を観に行きました。

「ファミリーツリー」と「幸せへのキセキ」。

偶然にも両方とも冴えない??お父さんと子供たちのお話。


例えば、私がいなくなったらうちの旦那と子供たちはどんな暮らしを送るのかなと想像してみた。

たぶん、マット・デイモンではなくジョージ・クルーニーみたく、

子供たちにちょっと小ばかにされながらもうまくやっていくんだろうな。

下の娘なんかお父さんに超きびしーので、、、。

いっぱい注意してやってね!


上の兄貴は小言のうるさい私がいなくなれば、ゲーム、テレビ観放題。

お父さんと一緒にエンジョイ!してるね、きっと。



個人的にはファミリーツリーのほうが、個々人の複雑な苦悩と問題が絡み合いつつ、

真実がすこしずつ明らかになっていくというストーリーの描き方で見ごたえがあったような気がする。

姉妹のオチビちゃんがうちの下の子に雰囲気が似ていて笑えた。
[PR]
by roomview | 2012-06-21 19:00 | 映画/ドラマ

どっちが好み?

今週はアカデミー賞で話題になった2本を観に行ってきました。


まず、家族そろって、「ヒューゴの不思議な発明」鑑賞。

もちろん3D。とにかく映像がきれい。ヒューゴがかわいい。

誰にでも、この世の中を支える役割がある。けなげにこの役割を果たそうとするヒューゴの姿に

おばさんは涙してしまいました。

ところが家族の中で泣いてたのは私一人。なんで?

娘も「あの程度では泣けない。」だそう。

じゃあ、どの程度だったら泣くんじゃい?



もう1本は単独鑑賞。「戦火の馬」。

これは最初から最後まで泣きどおしだった。

これもまたけなげな馬なんだよね~。

戦火の中、この馬に関わるすべての人たちの真心が、彼を生かしてくれる。

ラストシーンがとてもきれい。馬君の横顔がほんといい!


で、どちらが良かったと聞かれたら、これは個人の好みの問題になってしまいますが、

馬かな~。
[PR]
by roomview | 2012-03-07 23:52 | 映画/ドラマ

三国志と重松清

続きのBOOK REVIEWを楽しみにしてる方(皆無に等しいかも。。。。)ごめんなさい。

なかなか更新できません。というのも携帯の写メの整理がまだできておらず、

ぐっちゃぐっちゃなのでやる気が起きません。

早く整理しないと本の内容を忘れてしまうよーっ、年なんだから(怒)(もう一人の私の声)。

今週こそ頑張ります。

さて、昨年の年末に仕事を退職し、今は専業主婦に戻りました。

自由な時間はたっぷり。

撮りだめしてたドラマや番組、レンタルしてきた映画などを鑑賞したり、

クロスステッチ再開したり、ランニングをしてストレス発散したり、

手抜きしてた家事を頑張ったり、等、まあいろいろなことに

時間を費やしているのですが、確実に減ったのが本を読む時間です。

以前は通勤電車の中やお昼休みには広げていた文庫本も、

今は就寝前の10数分広げるのがやっと。

1か月に最低2冊は読もう!と年初にたてた目標もぎりぎり達成かなって感じです。

それに今月になって読みだした、吉川英治の「三国志」がちょっとというか、かなりつらい。

戦時中に新聞に連載されていたらしいので、難解な漢字や古い言い回しに疲れてしまう。

実は、ずーっとはるか昔、高校生の頃、「新平家物語」にチャレンジしたのだが、

3分の2位で、話に飽きて読破できず。

その数年後、「宮本武蔵」は文庫で3巻ほど読んで断念。(これまた飽きた。。。)

今回の三国志は最短記録になりそうな気が。。。。

なんで多くの殿方が三国志が好きなのかよくわからない。。。。

息子の友達にも何人か三国志マニアがいるらしいのですが、

息子曰く、「みんな小説じゃなくて、漫画読んでんだよ。」なんだとか。

私は、気合と辞書を片手にもう少し頑張りますよ、まだ当分は。




そんな中、日経新聞の夕刊で新しく始まった連載、重松清の「ファミレス」。

これは箸休め的な感じで、軽く読んでます。

いきなり最初に衝撃的な出来事が起こったけど、これからの展開が楽しみ。




今回観に行った映画は「2011年心に残った映画アンコール上映」の一つ、

「キッズ・アー・オールライト」。

傍からはアブノーマルな家族に映っていても、中にいる人にとってはそれが自然であたりまえな事。

そして、そんな中でも、子供たちは、それなりに育って親から巣立っていく。

要は家族の心が通じ合ってることに尽きるのかな。
[PR]
by roomview | 2012-02-29 00:21 | 読書

BOOK REVIEW Part 3

c0223259_2049712.jpg重力ピエロ
伊坂幸太郎著
兄弟と父子関係ってこんなに女々しくないの?とうらやましくなる。
c0223259_20492794.jpgそこへ届くのは僕たちの声
小路幸也著
育児雑誌に子供たちにお奨めの本と紹介されていたので読んでみる。
小中学生の登場人物たちを見守る大人の瞳がやさしい。
c0223259_20495857.jpgプリズンホテル夏
浅田次郎著
前から読みたかった本。ようやく手に取ることができた。
抱腹絶倒。読んだ後の爽快感。続きが楽しみだわ。
c0223259_20501245.jpg悼む人(上・下巻)
天童荒太著
究極の他者への愛。登場人物たちの悲しみに胸が苦しくなる。ぜひ読んでほしい。
c0223259_20503083.jpg夏への扉
ロバート・A・ハインライン著
前述の育児雑誌推薦の一冊。
失礼ながら私はこの有名なSF作家のことを、
今まで知らなくて夫に馬鹿にされた。
1950年代の作品。SFの古典といわれるらしい。
大人も十分楽しめる。表紙の絵は猫のビート君ね。

余談だか私は訳本が苦手だ。
最近の訳者はそんなことないと思うけれど、
英語の言い回しをそのまま日本語に置き換えられると
(たとえば2重否定とか)
理解するのに繰り返し読まなければならなくなる。
つまり私の読解力の問題なのだけど。。。。
けれど物語の中盤になればそんな言い回しにも慣れてくるのだから、
とっかかりにつまずかなければまあ大丈夫ですが。
そんなんだから、読みたい外国の本はたくさんあるのに自然に避けるようになってきた。
もったいない話です。


More
[PR]
by roomview | 2012-02-03 17:49 | 読書

Rose et Ruban

去年はほとんどクロスステッチ刺してません(涙)

唯一仕上げることができたのがこれ。


c0223259_1553144.jpg
Marie Claire idees、Point de Croix、Rose et Ruban
Fabric:Wichelt-Permin 32 count
Thread: DMC 2 over 2


c0223259_15533932.jpg



カルトナージュで、刺繍糸を入れる箱を作ろうと思って、

そのふたに貼ったら素敵だなと刺し始めたのはいいけれど、

刺し終わってもそのまま放置。。。。。

早いうちに箱に仕上げてお見せしたい!と思っています。

ちなみにこの図案集、創作意欲かきたてられます。

眺めているだけでも楽しめます。

More
[PR]
by roomview | 2012-01-22 15:54 | クロスステッチ

戻ってきました

2011年はまさに試練の年。

私にとっていろいろなことが起きました。

そして後悔と反省の日々。

2012年は新たにスタートする年。

そしてブログも再開するぜいっと気合入ってます。

まず手始めとしてマイPC買いました。

40半ばにしてはじめての自分だけのPC。

ネットやメールの設定からなにから全部自分だけでやって、

そんでもって必要なソフトも入れて、ふふふ、自分で。

こんなに楽しいものだなんて、久しぶりのウキウキ感。

一通りの環境が整ったので、ブログを開いてみたはいいけど

PWがわからない、なんと、忘れてしもうたー。

アップするまで1日もかかってしまいました。

こんな感じで、いつものように、私らしく?スタートした2012年ですが、

心機一転、心穏やかに過ごしていきたいと思います。

クロスステッチに限らず読んだ本の感想、その他もろもろの出来事を綴ろうと思います。


早速、綴ろうかな。

今日観に行った映画は「ニューイヤーズイブ」

年末見るはずが、逃してしまって、年越しの鑑賞でございます。

大好きなドラマ「GLEE」のレイチェルが、ボン・ジョヴィのバックコーラスのボーカル役で出ていた。

個人的にはミシェル・ファイファーに共感。

私も年を取ったということか。

心が温かくなり、私も頑張ろうという気持ちになりました。
[PR]
by roomview | 2012-01-13 23:01 | 映画/ドラマ

やっと始動

子ども達の学校が始まり、やっと通常モードに戻れると思っていたら、

変なかぜをひいてしまいました。

熱は微熱程度なのですが、とにかく吐き気。。。。

先週は横になってることが多く、

やっと昨日から活動できるようになりました017.gif

年末の大掃除で片付いていた部屋もこの2週間ですぐに元通り。

かなしーいっ。

掃除機かけたり、紙類(チラシやら郵便物やら子ども達のプリントetc。。。

ほとんどいらないものばっかりだ。。。)整理したら

少しはましになったかな。

話は変わりますが、映画「アバター」観てきました。

今回は息子と一緒に。

途中で、「もういい加減いいんじゃないの?いや、そこまでしなくても。

(最後あたり)あーあぁ(落胆)。元の状態になるまで何年かかると思ってんだ(怒)。」

と心の中で叫んでました。観た人ならわかりますよね。
[PR]
by roomview | 2010-01-19 12:04 | 出来事

眺めのいい部屋のわけ

娘が熱を出し、私も発熱。今朝ようやく下がりました。

インフルエンザではなかったものの、やっぱり年をとると

熱はつらいです。

ステッチも今はお預け。なんにもしないでボーっと過ごすことにします。

さて、イギリス映画、「眺めのいい部屋」観たことありますか。

私のブログのタイトルにもなってますが、わたしこの映画大ー好きなのです016.gif

c0223259_20443211.jpg


こちらはサウンドトラックですが、DVDも欲しいなと思いつつ、レンタルで我慢してます。

この機会に買っちゃおうかな!

1986年の映画だから、え!もう20年以上も前なんですね。

イギリスの郊外の風景、そしてイタリアのフィレンチェの建造物。

あこがれます。死ぬまでに一回は行ってみたい。

なんといっても、主人公がいいなずけとの婚約を破棄して、

心に正直になって、自分を愛してくれる情熱的な男性を追いかけていく。。。。

なんだか書いてて照れてしまいました(笑)

というか、私はよく夢でこのような状況におかれていることがあるのです。

(結婚して15年もたってる今もです、ひゃー)

好きな人じゃない相手と結婚させられるため、超ブルーな気持ちでいるのです。

けど、起きて、あー夢でよかったとほっとするんですが。

友達は「前世だよ!」と言うのですが、どーなんでしょうかね。

ちなみに、大学の卒論が書けなくて超あせってる夢も結構見ます。

(これはトラウマか!)

この映画、プッチーニのオペラがとっても心地よく流れてます。
[PR]
by roomview | 2009-12-06 21:13 | 映画/ドラマ